VPSを使ってTeamSpeak3サーバーを建てよう その2

VPSを使ってTeamSpeak3サーバーを建てよう その1

こちらの続きになります。

VPSサーバーにログイン後、WinSCPのコマンド>PuTTYを開くをクリック

6

7

ハッキングしてまーすみたいな画面が出てきます。

(どうせ消すしめんどくさいからIPアドレス隠すのやめた)

パスワードを入力しないといけないので、先ほども使ったrootユーザーパスワードを入力、その後Enter

※入力してもカーソルとか動かないけどちゃんと入力されてます

8

ログインに成功しましたー。

 

1.ユーザーを作って設定する

9

useradd ts3user

と入力してEnter VPS上にts3userという名前のユーザーが作られます。

ユーザー名変えてもいいけど後々めんどくさくなるからとりあえずこれでいきます。

 

10

passwd ts3user

と入力してEnter

11

New passwordとRetype passwordってとこで好きなパスワードを入力してEnter

無事変更できればこんな感じになります。

 

12

chmod 755 /home/ts3user

と入力してEnter

パーミッションってのを変えるらしいんだけどよくわからないでーす

 

13

su ts3user

って入力してEnter ユーザーを変更するコマンドらしいです。

成功するとこうやって [ts3user@なんちゃらかんちゃら] ってなるはずです。

 

14

cd /home/ts3user

って入力してEnter 前の[]内のrootって文字が消えるはず。これでユーザー設定は完了です。

 

2.TS3本体をVPSにインストールして起動する

https://www.teamspeak.com/downloads TS3ダウンロードページに飛びます。

15

16

ダウンロードしたこちらのファイルをVPS上に転送したいと思います。

 

17

WinSCPの左側でダウンロードしたフォルダを選択

右側で /home/ts3user のフォルダを選択し、その中へドラッグドロップで転送します。

緑のぐるぐる矢印マーク押して更新して、転送できてたら次へすすみましょう。

 

18

tar -zxvf teamspeak3-server_linux-amd64-3.0.11.4.tar.gz 

と入力してEnter(ファイルを解凍)

 

19

ブワーって文字が出てきて、そのうち解凍が終わります。

解凍が終わると、WinSCPの右側がこうなっていると思うので、解凍後のフォルダはリネーム、圧縮されてるやつはもういらないので削除しましょう。

20

 

 

21

フォルダ名は teamspeak3-server にしました。

 

22

続いて、

cd teamspeak3-server

と入力してEnter

./ts3server_minimal_runscript.sh createinifile=1

と入力してEnter

23

またブワーって文字が出てきて最終的にこういう表示がでます。↓

24

token=なんちゃらかんちゃら

これはTS3サーバーを管理するための大事なパスワードなので、選択してCtrl+Cとか押してメモ帳なりにコピペして保管してくださいまじで。

 

25

cd /

と入力してEnter

 

26

su root

と入力してEnter、Passwordの行にrootユーザーパスワードを入力してEnter

 

長くなるのでその3へ続きます…

VPSを使ってTeamSpeak3サーバーを建てよう その3

関連記事

  1. Es 2016.03.16

    はじめまして。
    此方の記事を参考にVPSをレンタル、鯖の導入をしようと試みているのですが
    サーバーZip転送後、permission denied のエラー文が出て先に進めません。
    権限がないとのことですが、具体的な解決方法を教えていただけないでしょうか。
    よろしくお願いします。

    • otogi 2016.03.19

      はじめまして。
      サーバーZipというものがわかりかねますので、なんともいえないのですが
      permission deniedのエラーが表示されるということはログイン時になんらかの失敗をしている可能性がございます。

      VPS契約時にもらえるroot権限のIDとパスワードできちんとログインできていますでしょうか?

ページ上部へ戻る